香港の方の帰化申請の手続き

03-6450-2865

10:00~19:00(土・日・祝日を除く)
10:00~17:00(土曜日)

無料相談予約

Q&Aはこちら

東京都品川区上大崎2丁目24-11 目黒西口マンション2号館 905号室 (駅から徒歩2分)

香港の方の帰化申請の手続き

はじめに

香港の方の帰化申請について解説します。
香港は歴史的に、一国二制度、という形での統治が行われてきました。
イギリス領であった時代と、中国に返還されてからの統治など、複雑に制度が絡み合っています。

また、香港からの帰化申請は事例がかなり少ないこともあり、正確な情報が少ない、というのも現状です。

香港人という国籍はないので、正確には香港居民としての権利をもつ人というべきでしょうか。

香港は中華人民共和国に返還されていますから、国としては中国です。
中華人民共和国国籍法では日本と同じように二重国籍は認められていませんから、
香港国内に中華人民共和国と他の国との多重国籍を持つ人は存在しません。

しかし便宜上、香港居民が中国以外のパスポートを持つことは禁じられていません。
このため、日本も含む外国においては、SAR旅券なのかBNO旅券なのか、あるいは双方を所持しているのか、さらに他の旅券なのかで国籍の取り扱いが決定し、帰化申請においても国籍条件上の取り扱いが大きく変化し、さらに同じ香港居民であっても帰化申請の進め方が大きく変わる可能性があります。

このため、香港人の帰化申請は受付から許可まで早くても1年から2年、長引けば3年以上かかる辛い申請となります。

香港からの帰化申請を複雑にしているのは、

その人その人の状況に合わせて、例えば

①香港で父母も申請者本人も出生した場合。
②父母が中国本土で結婚し申請人本人も中国で出生しその後、 香港に移住した場合。
③中請人本人までは②の場合で、 その後弟や妹が香港で出生した場合。
④その他様々な例が考えられます。

など、申請の方法、 提出書穎が変わることです。

そのため、 一概にこの方法ですべてOK、 ということができません。

この記事では、一般的な帰化申請の方法をお伝えして、
その後当法人で担当させていただいた香港からの帰化の事例をご紹介します。

この記事を読んで、ご自身の帰化を考えている方は、
是非、香港からの帰化経験が豊富な当法人に一度お問い合わせください。

香港人の帰化申請の手続き

香港人の方が日本人になる手続きについて解説していきます。

香港人の帰化申請手続きの流れ

住所地を管轄する法務局・地方法務局又はその支局(国籍課・戸籍課)での相談

専門家への相談

行政書士など

受任・報酬の決定

香港の登記事項証明を申請

申請(必要書類)の収集

その他の書類の詳細については日本国籍(帰化)必要書類ご参照

提出書類の作成・点検

国籍証明書の取得

法務局・地方法務局又はその支局に申請

書類の点検

諸官庁照会

  • ※諸官庁(申請人の申請内容にかかる)
    • (1)法務省秘書課個人情報係
    • (2)税務署
    • (3)年金事務所
    • (4)市区町村役場
    • (5)警視庁(その他管轄都道府県警)
    • (6)公安調査庁

    など

書類審査・調査開始

審査面接(インタビュー)・追加提出書類指示・補完

法務大臣(法務省民事局)へ進達

法務大臣決済

許可(見込み)

法務省民事局事務連絡
(国籍喪失の指示)

法務局から申請人へ通知

国籍喪失(中華人民共和国)

法務局受理

法務大臣(法務省民事局)へ進達

法務大臣決済

許可

官報告示

官報の入手方法ご参照

法務大臣(法務省)通達

法務局から申請人へ通知

帰化許可後の手続きご参照

帰化届の提出・在留カードの返納

新戸籍編製・住民票(職権記載)

不許可

法務局から申請人へ通知

再申請に挑戦

帰化再申請ご参照

香港人の本国書類の説明

現在香港人で、日本に帰化したい、日本人になりたいと思っている方向けに、このページでは香港の方がどのような手続きを踏めば日本人に帰化できるのか、そのための申請手続きの流れや注意点を解説します。

香港人の帰化の手続き
香港人の帰化手続きで重要な点は、
・香港の登記事項の取得
「出生公証書」
・本人
・兄弟姉妹
・子供

「婚姻公証書」
・父母
・本人

「離婚公証書」
・父母
・本人

「死亡公証書」
・父母兄弟姉妹(子供)

・国籍離脱の手続き
の2点です。

まずは一般的な帰化の手続きの流れをおさらいしましょう。
下記のページをご確認ください。
帰化手続き
帰化申請の要件(要件についての解説はこちら:帰化とは?永住との違いを解説)

それでは次に、日本国民との関わりがある場合についての手続きの流れの中で、
必要な書類について解説します。

香港人が帰化するための必要書類(一欄)

1. 帰化許可申請書
2. 親族の概要を記載した書類
3. 帰化の動機書
4. 履歴書
5. 生計の概要を記載した書類
6. 事業の概要を記載した書類
7. 住民票の写し
8. 国籍を証明する書類
9. 親族関係を証明する書類
10. 納税を証明する書類
11. 収入を証明する書類
12. 在留歴を証する書類
上記の他、運転免許証や運転記録証明書等も必要となる場合があります。

帰化するために必要な書類の詳細はは「帰化必要書類」のページで確認してみてください。

香港人が帰化するときの注意点

香港人が帰化する際に注意する点としては、以下のことが挙げられます。
・各事項証明の取得
・国籍離脱の手続き ※(BNO)パスポートがある場合には、別個の手続きが発生します。
・翻訳文の添付

(下記は香港の身分を証明する書類)

まとめ


各登記事項の取得は時間がかかるので、早めの対応が必要です。また、国籍離脱の手続きについてもタイミングが重要で、日本への帰化手続きが許可(法務省からの指示)された後に行うことが重要です。
(万が一不許可になった場合、無国籍になってしまうおそれがあるため)

よくある質問

Q1 帰化申請の相談は無料ですか?
A: 原則無料です。(ただし、再申請や申請中などは有料になります。)

Q2 帰化申請を依頼した場合,状況によって追加料金は掛かりますか?
A:オプションプランが発生しなければ、基本追加料金はかかりません。

Q3 帰化申請に必要となる香港の各登記事項を代わりに取得してもらうことはできますか?
A:本国の証明は、ご本人ないし父母など身内の方になります。

Q4 帰化申請の相談は,中国語に対応していますか?
A:中国語のできるスタッフがおりますので、ご対応可能です。

Q5 本国書類を翻訳してもらうことはできますか?
A:フルサポートプランは10枚まで無料となります。(ただし、英語、韓国語、中国語のみ)

Q6 法務局へ行く際に同行してもらうことはできますか?
A:フルサポートプランは同行いたしますのでご安心ください。

Q7 帰化が不許可になった際、再申請はできますか?
A:再申請は可能です。ご相談ください。

当法人の実例

お客様の声

お客様の声

帰化申請者の声

帰化申請者の声(C.H.様/中国香港)
帰化申請者の声(ラム様/香港籍)
帰化申請者の声(タンさん/香港籍)
帰化申請者の声(C.Sさん/香港籍)
帰化申請者の声(L.O様/香港)

Q&A

帰化に関するFAQ

香港の帰化申請はその人その人で必要書類が違います。
あなたに合った必要書類は何か、
どのような手順で書類を取り寄せ、実際に日本の法務局へ提出すればよいのか、
当法人に是非お任せください。

ページの先頭へ

   

03-6450-2865

受付時間:10時~19時(平日)、10時~17時(土曜)

03-6450-2866(24時間受付)